加島屋の心

「今日の食事は、明日の命づくり」を信念に

加島屋は安政2年(1855年)、信濃川や阿賀野川で獲れる鮭や鱒などの塩干物(えんかんぶつ)を商う店として創業しました。
明治20年代には地元の酒蔵の酒粕を利用した鮭、筋子、鱈の子の粕漬けを日常のお惣菜として売り出しました。
現在の看板商品である「さけ茶漬」は昭和30年代、即席ブームが次第に浸透していく中で、手作りの味をご家庭にお届けしたいとの願いから生まれた新商品でした。
以来加島屋では、昔ながらの手作りの味を大切にし、しっかりとした素材を厳選し、新潟の風土や食文化の中から生まれ、受け継がれてきた郷土の味を作りつづけてきました。

日常のお惣菜づくりに長い年月をかけてきた加島屋ですが、当社がどんなに頑張っても、愛情と真心こめてつくられたお母さんの手料理にかなうものではありません。
ただ、当社では、お母さんがつくる家庭料理の手助けの
一品としてご利用いただくことを願いつつ、
材料の吟味や丁寧さを忘れぬ製造工程など、
当たり前のことをいつまでも大切にし、
これからも多くの皆様に親しんでいただける
新潟の味と、安全で安心な食品を
お客様に提供してまいりたいと存じます。


今日の食事は明日の命づくりであり、
知恵を養う大切な行事です。
人間は動物、植物、魚介類など、
自然が育んでくれた天の恵みを食料として
この世に生きています。
これらの自然の恵みに本当にありがたいと
感謝し大切にしなければなりません。
加島屋は海の幸、山の幸を材料に、
真心をこめて製造し、お客様から本当に
美味しいと喜んでいただけることを
願っております。
これからも正直、親切、感謝を銘に
変わらぬ努力を積み重ねていきたいと存じます。

加島屋のこだわり

加島屋では、鮭や筋子、鱈の子、帆立貝柱など、魚介類を主原料に食品を製造しています。

自然の恵みである素材の持つ本来の味を、みなさまにお届けするにあたり、私たちは「正直 親切 感謝」の社是のもと、日々の味づくりに取り組んでいます。

食品の作り手として、正直を貫くこと 食品の作り手として、正直を貫くこと

お客様はもとより製造者である私たち自らが喜んで食べたいと願う食品づくりを行うことが、安全で安心な食品をお客様にお届けできると考えます。
原材料の仕入れから製品の製造、販売までのすべての行程で正直に仕事をし、お客様からの信頼を損なわないよう努めます。

お客様に親切で真心のこもったサービスを努めること お客様に親切で真心のこもったサービスを努めること

お客様に対し、誠心誠意心を込めてお付き合いいたします。
お客様からのお問い合わせや商品のクレームにも真摯に応対し、加島屋の製品やサービスにご満足いただけるよう尽くします。

いただいたご厚意に、感謝を絶やさないこと いただいたご厚意に、感謝を絶やさないこと

製品の原材料である自然の恵みに対して、またこの恵みを漁獲し生産してくださるすべての取引先様に対して、そしてもちろんすべてのお客様に対して、私たちは感謝の念を惜しみません。
この感謝の気持ちが、正直を貫き、親切にお付き合いをさせていただく、原動力ともなっています。

加島屋のネットショップ 新潟加島屋の味覚をオンラインでお買い求めいただけます。どうぞご利用ください。
百貨店催事情報
茶屋長作
茶屋長作メニューPDFはこちらからご覧いただけます。

過去のNews(月別)