会社概要

商号株式会社加島屋
所在地〒951-8066 新潟市中央区東堀前通八番町1367-1
TEL.025-229-0105(代表)
事業内容海産物加工、製造、販売
創 業1855年(安政2年)
設 立1954年(昭和29年)4月
資本金7,000 万円
代表者代表取締役 加島長八
従業員270 名
事業所亀田工場
〒950-0141
新潟市江南区亀田工業団地1丁目3-13
売上高5,477百万円(2010年3月期)
取引銀行北越銀行新潟支店、第四銀行本店、農林中央金庫本店、みずほ銀行新潟支店、日本政策投資銀行新潟支店
主な仕入先有限会社マルサフーズ、北見食品工業株式会社、有限会社丸美菅原水産
主な販売先株式会社三越伊勢丹、株式会社高島屋、株式会社そごう・西武

沿革

安政2年(西暦1855年)加島屋初代の長七が、阿賀野川、信濃川でとれる秋の鮭、春の鱒、初冬の助宗鱈他の塩蔵品、塩干物を商う加島屋を開業。
明治20年代二代目長八は、地元の酒蔵から出る酒粕を利用した鮭、鱒、筋子、鱈の子の粕漬を開発。(現在の「三色粕漬」の始まり)
明治40年代~大正三代目忠三郎は、妻イシ、妹タカとともに、工夫を重ね、地域の役立つ食品・雑貨店として取扱商品を増やし、現在の加島屋の基礎をつくる。
昭和初期~戦後昭和初期の経済恐慌や太平洋戦争の苦難の時期を乗り越えて、お客様に喜んでいただける商品の販売に努力。加島屋は地域の皆様に親しまれる商店として一歩一歩着実に商いをいとなむ。
昭和29年4月有限会社加島屋商店に改組。
昭和32年4月四代目長作(現会長)、修業先の東京築地魚市場仲信分店より戻り、加島屋商店に入社。
昭和33年良質の原材料を求めて北海道に渡り、雄武産の秋鮭との出会いがある。
昭和34年北海道東のマスノスケ(キングサーモン)の仕入販売が始まり「さけ茶漬」を開発する。
昭和40年アラスカ州の水産物開発が始まり、品質に定評のあるユーコン河キングサーモンの輸入販売開始。
昭和46年5月湊町工場稼動。
昭和47年12月三代目忠三郎他界。
昭和48年1月有限会社 加島屋に商号変更。
昭和51年6月アラスカ州ユーコン河産キングサーモン品質管理のため現地に渡る。
昭和55年11月東堀本社ビル完成
昭和56年4月「良い食品を作る会」入会。
昭和57年10月湊町第二工場完成。
昭和62年3月第4回新潟県経済振興賞受賞。
昭和62年10月亀田工場完成。
平成元年9月新潟市制百周年記念ふるさと功労賞受賞。
平成5年1月「良い食品を作る会」解散。
平成5年4月株式会社 加島屋に改組。
平成6年11月「磯部理念研修グループ(古志の会)」入会。
平成7年8月新社屋完成。
平成9年7月「良い食品づくりの会」結成。「良い食品を作る会」の理念を継承した活動を再開。加島長作(加島屋現会長)が初代会長に就任。
平成27年創業160年を迎えた
加島屋のネットショップ 新潟加島屋の味覚をオンラインでお買い求めいただけます。どうぞご利用ください。
百貨店催事情報
茶屋長作
茶屋長作メニューPDFはこちらからご覧いただけます。

過去のNews(月別)